子どもの犯罪被害データーベース

小学生以下の幼児が被害を受けた事件データを掲載しています。
初めて来た方は下のグラフで殺された子どもの数を確認した上で、
異常事件
子どもが子供を殺す事件
あたりからご覧ください。

kodomosatujin.gif

警察庁「犯罪統計書」による。事件発生の認知数のため検挙率の変動とは関係ない。
1975年の出生数190万人、2005年の出生数106万人。
小学生数は、1975年1036万人、2005年720万人、72年以降のピークは81年の1193万人
小学生数は70年代の3割減、80年代の4割減ですが、殺される小学生数は7割減、6割減と大幅に減少しています。
幼稚園生以下が殺される事件は8割も減っています。1960年代以前はさらに多くの幼児が殺されていました。

文責は管理人の管賀江留郎にあります。
何か問題があれば消しますのでメールください。
kangaeru2001●gmail.com (●を@にして送信してください)
このサイトのデータはできるだけ広めたいと思っておりますので、無断で自由に使用してください。
ただし、新聞記事などの引用は、法律上の引用の範囲で各自の責任のもとに使用してください。