子どもの犯罪被害データーベース

近所の主婦が幼児を殺す事件

昭和28年(1953).4.20〔30歳主婦が隣家の幼児殺害〕
 大阪府大阪市の自宅で、主婦(30)が隣家の次男(1)を窒息死させて死体を3日間家に隠していたが、夫(31)に相談して4.23に死体を空き地に捨て、すぐに発見され過失致死と死体遺棄で逮捕された。男の子が家に勝手に入ってきたので叱ると泣いたため口を手でふさいだもの。妊娠10ヶ月だった。


昭和31年(1956).11.21〔23歳主婦が幼児殺人 賢ちゃん殺し〕
 大阪府大阪市の自宅で、主婦(23)が近所の男の子(1)を殺害した。帰宅の時によちよち付いてきて、可愛いのでお菓子をやろうとしたが受け取らずに家を出ようとしたので抱きかかえたら泣き出したので口を押さえて首を絞めたもの。死体を床下に隠し、11.24に空き地に捨て、11.26に死体が発見され、12.8に引っ越したことから怪しまれ、翌年1.17に逮捕された。左官の妻で5歳と2歳の子どもがいる。奈良県北葛城郡の農家の三女で、激情型の性格。「なぜ殺してしまったのか自分でもわからない」と自供。男の子の親とは仲がよくなかった。殺人と屍体遺棄で懲役8年が求刑され、大阪地裁は懲役6年の判決。
 昭和33年12.16夜に、この事件のドラマ『警察手帳 消えた賢ちゃん』が関西テレビで放映される。その昼に洋服仕立て職人(33)が近所の男の子(6)を7メートルの井戸に突き落として殺害しようとしたが泣き声を聞きつけ救助されて5日間の傷害で済み、すぐに逮捕された。子ども好きでこの男の子のことも日頃から可愛がっており、9月に妻が初めての子を死産してからは病的なまでに可愛がるようになった。真面目で無口な性格。自転車に乗せたが、帰りたいと泣いたのでカッとしたと自供。酒に酔っていたが、身元が判らないように制帽とカバンを取り上げて別の場所に捨て、自転車を隠すなど意識ははっきりしている。勤め先が賢ちゃんの父親の店で、直前までドラマの撮影が行われており、賢ちゃんは6歳の設定になるようだと妻に話していた。「可愛すぎるので殺したくなった」「なぜ殺したのか判らない」とも自供。


昭和34年(1959).5.4〔主婦が近所の幼女を殺害〕
 兵庫県尼崎市の自宅で、主婦(29)が向かいの家の女の子(1)を殺害、何食わぬ顔で女の子の捜索隊にも加わっていたが、5.10に逮捕された。女の子は自分の子供(2,4)2人と遊んで眠ってしまったが、夜7時に女の子の母親が呼ぶ声が聞えたので抱き上げようとして誤って畳の上に落としてしまい失神して息を吹き返さなかった、怖くなって死体を百メートル離れた家の前に捨て、服は指紋が付いているのではぎ取ったと自供。しかし、死因は窒息死なので服を盗るために殺害したと見られている。
 夫は大手電機会社の工員で生活は豊かだったが盗癖があり、四年前に窃盗で検挙されている。女の子の姉(6)が去年末に着ていたセーターを盗られた事件の容疑者として取り調べを受け、家から女の子の長靴が発見されて自白したもの。


昭和34年(1959).12.22〔35歳主婦が隣家の幼児を誘拐殺人〕
 大阪府大阪市で、主婦(35)が隣家の長男(1歳11ヶ月)に10円を渡してお好み焼きを食べに行こうと連れ出し、翌日深夜三時に京都市の疏水に突き落として溺死させ、12.30に逮捕された。近所の人に悪口を云われ、噂を広げているのは隣家の妻だと思い込んで復讐を謀ったもの。子供好きで、日頃からこの幼児をかわいがっていた。


昭和35年(1960).8.11〔25歳主婦が隣家の幼児など三人を毒殺〕
 埼玉県埼玉郡で、主婦(25)が隣家の牛乳に農薬を入れ、主人(31)、長男(4)、長女(1歳10ヶ月)を毒殺、9.4に逮捕された。腐ったネギを八百屋に返品したことを笑われたことから隣家の妻と仲が悪く、たびたび庭に侵入して植木を折ったりしていた。妻は前日にお産をして寝込んでいたため無事だった。10.20には刑務所でヘアピンを飲んで自殺を図り、公判時には記者団に「バカヤロウ」と怒鳴ったりしている。一審二審とも求刑通り懲役15年の判決。


昭和39年(1964).7.14〔34歳主婦が嫉妬して隣家の幼児殺害〕
 静岡県清水市の自宅で、主婦(34)が隣家の長男(6)を殺害、ブリキ箱に入れて床下に隠した。大規模な捜索が続くなか、18日に会社員の夫に付き添われて自首。自分の長男(6)が病気で幼稚園を休んだため給食のパンを届けてくれたのでスイカを食べさせたが、見ているうちに病弱な我が子と比べて健康な男の子に嫉妬を感じ、タオルでさるぐつわをして紐で後ろ手に縛り、首を絞めてから風呂おけに頭を浸けて窒息死させたもの。床下から悪臭がするようになったため夫に打ち明けた。



昭和42年(1967).8.18〔35歳主婦が隣家の幼女殺害〕
 広島県広島市の自宅で、主婦(35)が隣家の二女(2)を金属製湯たんぽで殴ったあとに紐で絞殺、帰宅して死体を見つけた夫に連れられて自首した。廃品回収業の妻で、三人の子どもがいる。自分の子たちが隣家の三人の子どもにいじめられており、また隣家の主人がダンプカー運転で儲けているのを羨んでもいた。近所の住民30人が家を取り囲んで投石するので警官10人が警戒して家族を保護した。


昭和43年(1968).4.26〔37歳主婦が知り合いの幼児を誘拐殺人〕
 東京都三鷹市の麦畑で、主婦(37)が幼稚園児(5)を殺害、4.27に逮捕された。大工の夫(39)が3年前に建材業者(34)と共同出資で会社を作ったが給料が安いので半年でやめさせた。また、この会社の女子従業員と夫が浮気したのも建材業者のせいだと恨んでいた。経営が苦しいと聞いて大田区田園調布の自宅からわざわざ世田谷区の会社を見に行くと景気がよさそうでカッとして、長女(9)に仕返ししようと小学校に向かっているときに顔見知りの長男である幼稚園児を見つけて連れ去ったもの。三鷹市の農家で殴って首を絞めているところを見つかり、「子供がひきつけを起こした」と言い訳して畑まで連れてゆき、コードで絞殺した。長女(16)、次女(12)、長男(9)の3人の子供がいて、生活に困っているわけではないが、2回の窃盗歴がある。


昭和43年(1968).7.16〔大学助教授夫人が近所の幼児殺害〕
 鹿児島県鹿児島市の自宅で、鹿児島大学助教授の妻(29)が同じ県営住宅3階の男の子(2)を殺害、台所のポリバケツに隠したが、7.19に捜索していた警察に発見されて逮捕された。次男と遊んでいた男の子が叱っても騒ぐのでカッとしてフトンをかぶせて締め付けたもの。半年前から他の幼児を階段から突き落としたり首を絞めたりする傷害事件を3回も犯しており、2月に住民は精神異常だから追い出してほしいと県住宅課や保健所に訴えていたが放置されていた。取り調べに対して「精神錯乱状態の行動が犯罪になるのですか」などと話す。


昭和46年(1971).6.15〔25歳主婦が近所の幼女殺害〕
 埼玉県北葛飾郡の自宅で、主婦(25)が2軒隣の長女(5)を洗濯機のコードで絞殺、隣家の裏に死体を隠した。その日のうちに死体は発見されたが、嘘の証言をしていた。19日に都内の実家に帰り、その間に通帳を盗まれたと届けたり、言動がおかしいので怪しまれ、7.8に逮捕され「うちの子供をいじめるのでカッとした」と自白した。被害者の妹(4)と長女(3)が庭で遊んでいるときで長男(1)の眼の前での犯行。被害者の親とは仲が良く「殺すなんて悪魔のような人ですね」などと話し、長女には変な男がいたと言わせていた。


昭和46年(1971).10.6〔24歳主婦が嫉妬から隣家の赤ちゃん殺人未遂〕
 兵庫県芦屋市の社宅で、主婦(24)が向かいの家の女の子(1)を5階から突き落とし、たまたま物干しロープに引っかかったため1ヶ月の重傷となり、退院してすぐの11.24に顔をカミソリで切って40針の重傷を負わせて逮捕された。自分の長女(1)よりみんなにかわいがられていたのを嫉妬したもの。


昭和46年(1971).12.22〔30歳主婦が宗教勧誘されて隣家の幼児殺害〕
 神奈川県鎌倉市の自宅で、主婦(30)が遊びに来た隣家の長男(4)の首を絞めて石で殴って殺害、物置に埋めた。翌年1.8に自首。被害者の母親に宗教団体に入るように強要されたためと自供。


昭和47年(1972).10.8〔35歳主婦が近所の幼女殺人未遂〕
 東京都足立区の千住大橋で、主婦(35)が小学5年生の女の子(10)を抱き上げて7メートル下の墨田川に落としたが、通行人が救助して軽傷ですんだ。逃走した主婦は池袋駅で殺人未遂で逮捕。近所に住む娘(11)の友達の女の子を板橋区からタクシーで誘い出したもの。ノイローゼだった。


昭和48年(1973).12.27〔26歳主婦が隣の幼女の顔に熱湯浴びせる〕
 東京都杉並区の主婦(26)が、マンションの管理人から合い鍵を借りて隣室に侵入、寝ていた女の子(2)の顔に熱湯をかけて3ヶ月の重傷を負わし一生消えないヤケドを顔に残した。夫がともにNHKの職員で仲が良かったが、可愛い女の子が近所の人気者になっていたのを恨んで犯行に及んだもの。妊娠していたので逮捕は見送られたが、反省がないため2年後に逮捕された。


昭和50年(1975).11.14〔39歳主婦が息子の受験の邪魔と隣の幼女殺し捨てる〕
 宮城県仙台市の薮で、主婦(39)が隣家の長女(4)を紐で絞殺、警察など総出で行方不明の女の子を捜索するなか、その日のうちに自首した。中3と高3の息子が受験なのに隣家が騒音を出して腹が立ったと自供。「キャラメルを買ってあげる」と1.5キロ離れた薮まで誘き出したもの。


昭和53年(1978).4.12〔46歳女が親戚の幼女を誘拐殺人〕
 山口県宇部市の小学校で朝9時前、クリーニング店外交員女(46)が親戚の小学1年生の女の子(6)を連れ出し自宅に誘拐、女の子が家に帰りたいと泣いたので殺害、床下に死体を隠し、翌日に逮捕された。夫の兄の本家が孫の女の子ばかり可愛がるのを嫉妬し、また家を買ったり長男の交通事故でサラ金に借金があったため、身代金50万円を盗る計画だった。


昭和55年(1980).6.16〔主婦がいじめ怨んで隣家の幼女刺殺〕
 兵庫県神戸市の母子寮の共同炊事場で、病院炊事婦(50)が突然2軒隣りに住む女性(43)の腹を包丁で刺して重傷を負わせてからこの女性の部屋に押し入り、就寝中の小学4年生の長女(10)の心臓を刺して殺害、小学5年生の長男(10)の腹を刺して重態とし、自室で自分の小学6年生の長男(11)の腹や胸を刺して重傷を負わせ、自殺しようとしたが死に切れずに派出所に自首した。
 未婚の母で、寮の住民が自分の子どもよりもこの女性の子どもたちを可愛がって、のけものにされてると怨んでいた。


昭和59年(1984).8.21〔主婦が嫉妬して隣家の姪殺害〕
 鳥取県境港市の自宅で、主婦(25)が隣に住んでいる夫の妹夫婦の長女(1)を絞殺して押し入れに隠したが、その日のうちに死体が発見され逮捕された。自分の長女(2)よりも祖父母に可愛がられているのを嫉妬したもの。


昭和62年(1987).4.8〔38歳主婦が隣家の幼女殺害〕
 茨城県北相馬郡の自宅で、主婦(38)が遊びに来ていた隣家の長女(3)を縄跳びで絞殺、首をハサミで刺して自殺を図ったが死にきれず、22日に逮捕された。


平成11年(1999).11.22〔35歳主婦が幼稚園付き合いの幼女殺害〕
 東京都文京区の幼稚園の側の公園トイレで、主婦(35)が長男を同じ幼稚園に通わせている母親の長女(2)をマフラーで絞殺、バッグに入れて静岡県の実家の庭に埋めた。25日に自首。「お受験殺人」と騒がれた。



※主婦ではないですが、こんな事件もあります。


昭和25年(1950).3.28〔18歳女子が幼女を誘拐殺人未遂〕
 東京都大田区で、女子(18)が隣家の長女(6)を連れ出して裸にして川に突き落とした。命に別状はない。隣家と仲が悪いためやったもの。誘拐されたように偽装するため脅迫状を送っていた。


昭和39年(1964).10.31〔27歳女が隣家の幼女を誘拐殺人〕
 兵庫県尼崎市で、炊事婦(27)が隣家の長女(4)を紐で絞殺、死体をバッグに入れて自宅押し入れに隠し、翌日「50万円を名古屋駅に持ってこい」と鼻をつまんで4回も脅迫電話をかけ、自分を運び人に指名して刑事らと駅で犯人が現れるのを待っていたが、そのうちに死体が発見されて逮捕された。母や兄夫婦と折り合いが悪いため北海道の姉宅に行く旅費を稼ぐため誘拐を思いつき、自分になついている女の子が「おかあちゃん」と叫ぶのも構わず馬乗りになって殺害したもの。報道陣には「どうして私が犯人に指命されたかわからない」などと言っていた。人付き合いをまったくせず、職を転々とし、普段は地味なのに急に派手な格好をしたりして、周りには変わり者と見られていた。


昭和54年(1979).6.22〔18歳女が近所の女の子殺害〕
 大阪府箕面市で、看護婦見習い(18)が同じアパートの小学校2年生の女の子(7)を殺害し、8.18に逮捕された。下校中の女の子を誘って連れ歩いたが、習字教室に遅れるから帰りたいと女の子が言ったため、この子の母親に怒られると考え、自宅から紐を持ってきて空き家で絞殺したもの。行方不明となった女の子の捜索に何喰わぬ顔で加わっていた。この春に私立女子高を卒業し病院に勤務。離婚した母親と2人暮らし。




『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!


『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、幼女レイプ殺人事件が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

このページのトップへ ▲   

コメント:
コメント投稿









情報を記憶する






子どもの犯罪被害データーベース
子どもの犯罪被害データーベース

近所の主婦が幼児を殺す事件

昭和28年(1953).4.20〔30歳主婦が隣家の幼児殺害〕
 大阪府大阪市の自宅で、主婦(30)が隣家の次男(1)を窒息死させて死体を3日間家に隠していたが、夫(31)に相談して4.23に死体を空き地に捨て、すぐに発見され過失致死と死体遺棄で逮捕された。男の子が家に勝手に入ってきたので叱ると泣いたため口を手でふさいだもの。妊娠10ヶ月だった。


昭和31年(1956).11.21〔23歳主婦が幼児殺人 賢ちゃん殺し〕
 大阪府大阪市の自宅で、主婦(23)が近所の男の子(1)を殺害した。帰宅の時によちよち付いてきて、可愛いのでお菓子をやろうとしたが受け取らずに家を出ようとしたので抱きかかえたら泣き出したので口を押さえて首を絞めたもの。死体を床下に隠し、11.24に空き地に捨て、11.26に死体が発見され、12.8に引っ越したことから怪しまれ、翌年1.17に逮捕された。左官の妻で5歳と2歳の子どもがいる。奈良県北葛城郡の農家の三女で、激情型の性格。「なぜ殺してしまったのか自分でもわからない」と自供。男の子の親とは仲がよくなかった。殺人と屍体遺棄で懲役8年が求刑され、大阪地裁は懲役6年の判決。
 昭和33年12.16夜に、この事件のドラマ『警察手帳 消えた賢ちゃん』が関西テレビで放映される。その昼に洋服仕立て職人(33)が近所の男の子(6)を7メートルの井戸に突き落として殺害しようとしたが泣き声を聞きつけ救助されて5日間の傷害で済み、すぐに逮捕された。子ども好きでこの男の子のことも日頃から可愛がっており、9月に妻が初めての子を死産してからは病的なまでに可愛がるようになった。真面目で無口な性格。自転車に乗せたが、帰りたいと泣いたのでカッとしたと自供。酒に酔っていたが、身元が判らないように制帽とカバンを取り上げて別の場所に捨て、自転車を隠すなど意識ははっきりしている。勤め先が賢ちゃんの父親の店で、直前までドラマの撮影が行われており、賢ちゃんは6歳の設定になるようだと妻に話していた。「可愛すぎるので殺したくなった」「なぜ殺したのか判らない」とも自供。


昭和34年(1959).5.4〔主婦が近所の幼女を殺害〕
 兵庫県尼崎市の自宅で、主婦(29)が向かいの家の女の子(1)を殺害、何食わぬ顔で女の子の捜索隊にも加わっていたが、5.10に逮捕された。女の子は自分の子供(2,4)2人と遊んで眠ってしまったが、夜7時に女の子の母親が呼ぶ声が聞えたので抱き上げようとして誤って畳の上に落としてしまい失神して息を吹き返さなかった、怖くなって死体を百メートル離れた家の前に捨て、服は指紋が付いているのではぎ取ったと自供。しかし、死因は窒息死なので服を盗るために殺害したと見られている。
 夫は大手電機会社の工員で生活は豊かだったが盗癖があり、四年前に窃盗で検挙されている。女の子の姉(6)が去年末に着ていたセーターを盗られた事件の容疑者として取り調べを受け、家から女の子の長靴が発見されて自白したもの。


昭和34年(1959).12.22〔35歳主婦が隣家の幼児を誘拐殺人〕
 大阪府大阪市で、主婦(35)が隣家の長男(1歳11ヶ月)に10円を渡してお好み焼きを食べに行こうと連れ出し、翌日深夜三時に京都市の疏水に突き落として溺死させ、12.30に逮捕された。近所の人に悪口を云われ、噂を広げているのは隣家の妻だと思い込んで復讐を謀ったもの。子供好きで、日頃からこの幼児をかわいがっていた。


昭和35年(1960).8.11〔25歳主婦が隣家の幼児など三人を毒殺〕
 埼玉県埼玉郡で、主婦(25)が隣家の牛乳に農薬を入れ、主人(31)、長男(4)、長女(1歳10ヶ月)を毒殺、9.4に逮捕された。腐ったネギを八百屋に返品したことを笑われたことから隣家の妻と仲が悪く、たびたび庭に侵入して植木を折ったりしていた。妻は前日にお産をして寝込んでいたため無事だった。10.20には刑務所でヘアピンを飲んで自殺を図り、公判時には記者団に「バカヤロウ」と怒鳴ったりしている。一審二審とも求刑通り懲役15年の判決。


昭和39年(1964).7.14〔34歳主婦が嫉妬して隣家の幼児殺害〕
 静岡県清水市の自宅で、主婦(34)が隣家の長男(6)を殺害、ブリキ箱に入れて床下に隠した。大規模な捜索が続くなか、18日に会社員の夫に付き添われて自首。自分の長男(6)が病気で幼稚園を休んだため給食のパンを届けてくれたのでスイカを食べさせたが、見ているうちに病弱な我が子と比べて健康な男の子に嫉妬を感じ、タオルでさるぐつわをして紐で後ろ手に縛り、首を絞めてから風呂おけに頭を浸けて窒息死させたもの。床下から悪臭がするようになったため夫に打ち明けた。



昭和42年(1967).8.18〔35歳主婦が隣家の幼女殺害〕
 広島県広島市の自宅で、主婦(35)が隣家の二女(2)を金属製湯たんぽで殴ったあとに紐で絞殺、帰宅して死体を見つけた夫に連れられて自首した。廃品回収業の妻で、三人の子どもがいる。自分の子たちが隣家の三人の子どもにいじめられており、また隣家の主人がダンプカー運転で儲けているのを羨んでもいた。近所の住民30人が家を取り囲んで投石するので警官10人が警戒して家族を保護した。


昭和43年(1968).4.26〔37歳主婦が知り合いの幼児を誘拐殺人〕
 東京都三鷹市の麦畑で、主婦(37)が幼稚園児(5)を殺害、4.27に逮捕された。大工の夫(39)が3年前に建材業者(34)と共同出資で会社を作ったが給料が安いので半年でやめさせた。また、この会社の女子従業員と夫が浮気したのも建材業者のせいだと恨んでいた。経営が苦しいと聞いて大田区田園調布の自宅からわざわざ世田谷区の会社を見に行くと景気がよさそうでカッとして、長女(9)に仕返ししようと小学校に向かっているときに顔見知りの長男である幼稚園児を見つけて連れ去ったもの。三鷹市の農家で殴って首を絞めているところを見つかり、「子供がひきつけを起こした」と言い訳して畑まで連れてゆき、コードで絞殺した。長女(16)、次女(12)、長男(9)の3人の子供がいて、生活に困っているわけではないが、2回の窃盗歴がある。


昭和43年(1968).7.16〔大学助教授夫人が近所の幼児殺害〕
 鹿児島県鹿児島市の自宅で、鹿児島大学助教授の妻(29)が同じ県営住宅3階の男の子(2)を殺害、台所のポリバケツに隠したが、7.19に捜索していた警察に発見されて逮捕された。次男と遊んでいた男の子が叱っても騒ぐのでカッとしてフトンをかぶせて締め付けたもの。半年前から他の幼児を階段から突き落としたり首を絞めたりする傷害事件を3回も犯しており、2月に住民は精神異常だから追い出してほしいと県住宅課や保健所に訴えていたが放置されていた。取り調べに対して「精神錯乱状態の行動が犯罪になるのですか」などと話す。


昭和46年(1971).6.15〔25歳主婦が近所の幼女殺害〕
 埼玉県北葛飾郡の自宅で、主婦(25)が2軒隣の長女(5)を洗濯機のコードで絞殺、隣家の裏に死体を隠した。その日のうちに死体は発見されたが、嘘の証言をしていた。19日に都内の実家に帰り、その間に通帳を盗まれたと届けたり、言動がおかしいので怪しまれ、7.8に逮捕され「うちの子供をいじめるのでカッとした」と自白した。被害者の妹(4)と長女(3)が庭で遊んでいるときで長男(1)の眼の前での犯行。被害者の親とは仲が良く「殺すなんて悪魔のような人ですね」などと話し、長女には変な男がいたと言わせていた。


昭和46年(1971).10.6〔24歳主婦が嫉妬から隣家の赤ちゃん殺人未遂〕
 兵庫県芦屋市の社宅で、主婦(24)が向かいの家の女の子(1)を5階から突き落とし、たまたま物干しロープに引っかかったため1ヶ月の重傷となり、退院してすぐの11.24に顔をカミソリで切って40針の重傷を負わせて逮捕された。自分の長女(1)よりみんなにかわいがられていたのを嫉妬したもの。


昭和46年(1971).12.22〔30歳主婦が宗教勧誘されて隣家の幼児殺害〕
 神奈川県鎌倉市の自宅で、主婦(30)が遊びに来た隣家の長男(4)の首を絞めて石で殴って殺害、物置に埋めた。翌年1.8に自首。被害者の母親に宗教団体に入るように強要されたためと自供。


昭和47年(1972).10.8〔35歳主婦が近所の幼女殺人未遂〕
 東京都足立区の千住大橋で、主婦(35)が小学5年生の女の子(10)を抱き上げて7メートル下の墨田川に落としたが、通行人が救助して軽傷ですんだ。逃走した主婦は池袋駅で殺人未遂で逮捕。近所に住む娘(11)の友達の女の子を板橋区からタクシーで誘い出したもの。ノイローゼだった。


昭和48年(1973).12.27〔26歳主婦が隣の幼女の顔に熱湯浴びせる〕
 東京都杉並区の主婦(26)が、マンションの管理人から合い鍵を借りて隣室に侵入、寝ていた女の子(2)の顔に熱湯をかけて3ヶ月の重傷を負わし一生消えないヤケドを顔に残した。夫がともにNHKの職員で仲が良かったが、可愛い女の子が近所の人気者になっていたのを恨んで犯行に及んだもの。妊娠していたので逮捕は見送られたが、反省がないため2年後に逮捕された。


昭和50年(1975).11.14〔39歳主婦が息子の受験の邪魔と隣の幼女殺し捨てる〕
 宮城県仙台市の薮で、主婦(39)が隣家の長女(4)を紐で絞殺、警察など総出で行方不明の女の子を捜索するなか、その日のうちに自首した。中3と高3の息子が受験なのに隣家が騒音を出して腹が立ったと自供。「キャラメルを買ってあげる」と1.5キロ離れた薮まで誘き出したもの。


昭和53年(1978).4.12〔46歳女が親戚の幼女を誘拐殺人〕
 山口県宇部市の小学校で朝9時前、クリーニング店外交員女(46)が親戚の小学1年生の女の子(6)を連れ出し自宅に誘拐、女の子が家に帰りたいと泣いたので殺害、床下に死体を隠し、翌日に逮捕された。夫の兄の本家が孫の女の子ばかり可愛がるのを嫉妬し、また家を買ったり長男の交通事故でサラ金に借金があったため、身代金50万円を盗る計画だった。


昭和55年(1980).6.16〔主婦がいじめ怨んで隣家の幼女刺殺〕
 兵庫県神戸市の母子寮の共同炊事場で、病院炊事婦(50)が突然2軒隣りに住む女性(43)の腹を包丁で刺して重傷を負わせてからこの女性の部屋に押し入り、就寝中の小学4年生の長女(10)の心臓を刺して殺害、小学5年生の長男(10)の腹を刺して重態とし、自室で自分の小学6年生の長男(11)の腹や胸を刺して重傷を負わせ、自殺しようとしたが死に切れずに派出所に自首した。
 未婚の母で、寮の住民が自分の子どもよりもこの女性の子どもたちを可愛がって、のけものにされてると怨んでいた。


昭和59年(1984).8.21〔主婦が嫉妬して隣家の姪殺害〕
 鳥取県境港市の自宅で、主婦(25)が隣に住んでいる夫の妹夫婦の長女(1)を絞殺して押し入れに隠したが、その日のうちに死体が発見され逮捕された。自分の長女(2)よりも祖父母に可愛がられているのを嫉妬したもの。


昭和62年(1987).4.8〔38歳主婦が隣家の幼女殺害〕
 茨城県北相馬郡の自宅で、主婦(38)が遊びに来ていた隣家の長女(3)を縄跳びで絞殺、首をハサミで刺して自殺を図ったが死にきれず、22日に逮捕された。


平成11年(1999).11.22〔35歳主婦が幼稚園付き合いの幼女殺害〕
 東京都文京区の幼稚園の側の公園トイレで、主婦(35)が長男を同じ幼稚園に通わせている母親の長女(2)をマフラーで絞殺、バッグに入れて静岡県の実家の庭に埋めた。25日に自首。「お受験殺人」と騒がれた。



※主婦ではないですが、こんな事件もあります。


昭和25年(1950).3.28〔18歳女子が幼女を誘拐殺人未遂〕
 東京都大田区で、女子(18)が隣家の長女(6)を連れ出して裸にして川に突き落とした。命に別状はない。隣家と仲が悪いためやったもの。誘拐されたように偽装するため脅迫状を送っていた。


昭和39年(1964).10.31〔27歳女が隣家の幼女を誘拐殺人〕
 兵庫県尼崎市で、炊事婦(27)が隣家の長女(4)を紐で絞殺、死体をバッグに入れて自宅押し入れに隠し、翌日「50万円を名古屋駅に持ってこい」と鼻をつまんで4回も脅迫電話をかけ、自分を運び人に指名して刑事らと駅で犯人が現れるのを待っていたが、そのうちに死体が発見されて逮捕された。母や兄夫婦と折り合いが悪いため北海道の姉宅に行く旅費を稼ぐため誘拐を思いつき、自分になついている女の子が「おかあちゃん」と叫ぶのも構わず馬乗りになって殺害したもの。報道陣には「どうして私が犯人に指命されたかわからない」などと言っていた。人付き合いをまったくせず、職を転々とし、普段は地味なのに急に派手な格好をしたりして、周りには変わり者と見られていた。


昭和54年(1979).6.22〔18歳女が近所の女の子殺害〕
 大阪府箕面市で、看護婦見習い(18)が同じアパートの小学校2年生の女の子(7)を殺害し、8.18に逮捕された。下校中の女の子を誘って連れ歩いたが、習字教室に遅れるから帰りたいと女の子が言ったため、この子の母親に怒られると考え、自宅から紐を持ってきて空き家で絞殺したもの。行方不明となった女の子の捜索に何喰わぬ顔で加わっていた。この春に私立女子高を卒業し病院に勤務。離婚した母親と2人暮らし。





『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!


『戦前の少年犯罪』少年犯罪データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、幼女レイプ殺人事件が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

このページのトップへ ▲   



     


コメント:
コメント投稿









情報を記憶する