子どもの犯罪被害データーベース

子どもの自殺

昭和15年(1940).10.23〔小6(満11~12歳)が鉄道自殺〕
 東京市の田端駅付近で夜、小学6年生(13)が列車に飛び込み自殺。


昭和30年(1955).3.22〔小6女子が教師と心中〕
 岩手県陸前高田市の旅館で、小学6年生女子(12)が担任教師(26)とアドルム自殺した。成績優秀で明朗な性格、前日の卒業式で代表として答辞を読んだあと帰宅して母親の隣で寝たが、夜中に家を抜け出したもの。中流以上の家庭で6人兄弟の唯一の女の子。両親はおかしな様子をまったく感じていなかった。教師は妻子がある。
 女子は教師の娘に「貴女の大事なお父さんと死んでゆくことはすみません。元気で育って下さい」、級友に「中学にいっても良く勉強して下さい」という遺書を残していた。


昭和30年(1955).7.5〔小4が悪ふざけを咎められ自殺〕
 兵庫県神戸市東灘区で、銀行員の長男の小学4年生(8)が鉄道自殺した。友達の持ち物を隠しあう「かくしごっこ」をやっていた15人ほどを担任教師(32)が叱ったが、帰宅中に少年は「先生は泥棒学校へ行けと言った。帰ったら母さんに叱られる。もう死んじまいたい。君も一緒に死のう」と、友人を引き連れ線路上を歩き、列車が警笛を鳴らしながら近づくと、死亡した少年だけが「死ぬ、死ぬ」と言って列車に向かって轢かれて死亡したもの。


昭和30年(1955).7.18〔小6が早退を咎められ自殺未遂〕
 青森県八戸市の農家の三男の小学6年生(12)が、「おらはいつも学校を早退させられるから首をつって死んでしまう」と自殺を図ったが、妹(8)が知らせて近所の人が駆け付け、未遂に終わった。弟妹らの面倒のため、度々早退させられ、そのことを担任の教師に咎められたことを苦に自殺を図ったもの。


昭和30年(1955).7.21〔小4が喧嘩を咎められ入水自殺〕
 静岡県引佐郡の農家の二男の小学4年生(9)が、小学1年生と喧嘩をして石を額にぶつけて傷を負わせたため、担任教師(27)が父兄宛の手紙を持たせて帰宅させたが、「家に帰ると叱られるから、僕は池に飛び込んで死ぬ」という遺書を友人に渡して姿を消し、22日に貯水池で死んでいるのが見つかった。


昭和30年(1955).8.4〔中1と小4の兄弟が貧困を苦に自殺〕
 茨城県多賀郡南村の中学1年生(13)と小学4年生(10)の兄弟が、常磐線で鉄道自殺をした。父親は引揚者のため定職が無く、生活扶助を受けながら7人の子供らに手製のほうきを売らせていた。兄弟は履く靴も無いまま「ほうきが売れないとうどんが食べられない」と売り歩いていた。2日前に売上金500円を買い食いに使ってしまい、父に叱られるのを恐れて家出していた。


昭和31年(1956).9.23〔小6が首つりマネして死亡〕
  愛媛県新居浜市の自宅で、小学6年生(12)が首つり自殺した。クラストップの成績で、学級委員の優等生。探偵小説好きで「怪盗ルパン」などを好んで読んでいたが、自殺の方法を写真と図解入りで詳しく書いてある本が机の上にあったため、探偵小説の研究のため死に方を真似して、誤って死亡したと思われる。


昭和32年(1957).10.6〔小6が自殺〕
 北海道亀田郡の自宅裏で、小学6年生(12)が首つり自殺した。9.9に女の子にいたずらして泣かせたが、教師(30)が運動会の祝い酒に酔っていたこともあって「殺してやる」と云いながら10回以上も殴り、鼻血を出す十日間のケガを負わせ、それから学校に行くのを嫌がっていた。「学校に行きたくない」という遺書も残していたため両親は学校の責任を追及、学校は殴ったことは事実だが自殺の原因は家庭にあると対立、翌日、児童福祉司の調査などで4年生のときから死にたいと云っていたことなどから厳しい家庭に原因があると結論を出した。


昭和32年(1957).12.24〔小5が登校拒否で叱られ自殺〕
 大阪府大阪市の自宅で、小学5年生(11)が首吊り自殺。勉強嫌いで登校拒否をしていたが、7年前に母親は死亡して姉(20)も入院中で、仕事に忙しい父親は気づいておらず、この日の成績表で初めて知って「お前のようなものはお父さんの子供ではない」と叱ったあとの出来事。


昭和32年(1957).12.29〔小4が叱られ自殺〕
 広島県広島市の自宅トイレで、小学4年生(9)が首吊り自殺。下着姿のまま朝食を食べようとして父親に叱られ殴られた直後。日頃から親の言うことをきかなかった。


昭和33年(1958).2.7〔小4が列車に飛び込み自殺〕
 大阪府大阪市東淀川区で、駅ホームから西淀川区の小学4年生(10)が列車に飛び込み自殺。そろばん塾から帰宅して夜に家を出ていたが、動機は不明。父親(49)は鉄工業勤務。


昭和33年(1958).4.3〔小4が睡眠薬自殺未遂〕
 東京都中野区で、小学4年生(9)が睡眠薬を飲んで自殺を図ったが、すぐに病院に運び込まれたため命を取り留めた。「お母さんに頼まれて来た」と云って薬局でプロバリンを五十円で質い、すぐに路上で飲んだもの。父親は「原因には全く心当りない。家のテレビでおとなの血なまぐさいことを見ているのでこの影響ではないだろうか」と語る。※談話は読売新聞引用。


昭和33年(1958).4.9〔小6が泥棒と疑われて自殺〕
 東京都葛飾区の新小岩駅で、小学6年生(12)が飛び込み自殺。祖母にサイフを盗んだと言われて「犯人はぼくじゃない」という遺書を遺していた。父親は刑務所に入っており、母親は酒場の勤めのため深夜まで帰らない家庭だった。


昭和34年(1959).1.12〔小6が引き籠もってガス自殺〕
 兵庫県神戸市の自宅で、小学6年生(12)がガス自殺した。両親が3年前に病死して姉に育てられていた。友達がおらず、11月から学校に行っていなかったが、昼間働いている姉は気づいていなかった。


昭和34年(1959).1.15〔小2が首つり自殺〕
 香川県三豊郡の自宅で、小学2年生(8)が首つり自殺した。母親に叱られて。


昭和34年(1959).5.3〔小6が誤って首吊り〕
 福岡県小倉市の自宅で、小学6年生(11)が手を後ろで縛って首を吊っていた。警察は自分で縛って首吊りのマネをした過失死と断定。


昭和34年(1959).5.29〔小6がいじめを叱られ自殺〕
 熊本県天草郡の小学校で、6年生(12)が自殺した。下級生にたびたびリンチを加えており、この日も5年生10数人を殴ったので、5年生担任の教師が「父親と相談するから学校に呼んで来い」と叱っていた。この教師に当てた「すみません」という遺書を残し、体育館運動具倉庫で首を吊ったもの。


昭和34年(1959).8.31〔小4女子が怪我をさせたことを苦に自殺〕
 千葉県君津郡の貯水池で、小学4年生女子(10)が入水自殺をした。この日、友人の少女(6)を自転車に乗せ、手放し運転をして転倒し、右手を骨折させてしまった。両親に叱られたことと責任感から自殺したものと見られている。カジ職(51)の四女。


昭和34年(1959).9.11〔中2、小6、小2の3姉妹が不倫する母に抗議の自殺〕
 東京都北多摩郡の、中学2年生の長女(14)、小学6年生の二女(11)、小学2年生の四女(7)の少女3人が、11日に家出し、18日までに玉川上水で死体となって発見された。三女の小学3年生(9)も一緒に家出をしていたが12日に戻った。
 父親(49)は数年前に肺結核で失職。長女は勉強時間を削って父親の内職を手伝い、妹の面倒を見ていたが、後妻の母親(38)は勤務先の男と不倫をし、度々家をあけていた。「お母さんに別れてくれるように頼みましたが、余計なことを言うな、お前のような子は死んでも構わないと言われました。そうなればお父さんはかわいそうですが、私たちにはもう死を選ぶ道しかありません。お母さん、まじめになって下さい」との連名の遺書が残されていた。


昭和34年(1959).10.23〔小5女子が給食費盗んだと疑われ自殺〕
 広島県佐伯郡の自宅で、小学校5年生女子(11)が首吊り自殺した。学校で同級生の給食費を盗んだと疑われ、祖母に叱れた直後だった。


昭和36年(1961).1.28〔小6が教師に注意されて自殺〕
 大分県竹田市の自宅納屋で、小学6年生(12)が首つり自殺した。快活な性格で家族にも心当たりはないが、前日に放課後の教室で暴れていて教師に注意されていた。


昭和36年(1961).2.3〔小6少女が家族に盗みを疑われ、抗議の自殺〕
 東京都足立区加平町の農家の二女小学6年生(12)が農薬を飲んで死亡した。現金2千円が無くなり、家族に疑われ、それに抗議する形で自殺したもの。「私が盗んだのではない。お父さんや姉さんを憎む」との遺書が残されていた。
 父親が昨年、2人の子供がいる後妻と再婚。仲は悪く、担任の教師に度々不満を漏らしていた。以前に5千円を持ち出し、埼玉県に住む実母に渡していたことがあった。


昭和36年(1961).3.8〔小5が弁当作ってもらえず自殺〕
 高知県高知市の自宅で、小学5年生(10)が首つり自殺した。母親(53)に遠足の弁当を頼んだが、自分で作れと云われて遠足を休み、弟とケンカしたことで母親に叱られたすぐ後のこと。母親はバー経営者。


昭和36年(1961).4.3〔小6が電車に飛び込み自殺〕
 兵庫県西宮市の阪神電車踏切で、小学6年生(11)が飛び込み自殺した。内向的な性格、高一の長男がボクシングの相手にしていじめるので「兄のいうことばかりきくのはいや」という書き置きを残して家出、一時間後に帰宅しようとしたが、すでに捜索願が出されて近所の人たちが大騒ぎして探しているのを見てショックを受け自殺したものと警察では見ている。


昭和36年(1961).5.7〔中1が叱られて自殺〕
 福岡県小倉市の自宅で、中学1年生(12)が首つり自殺した。母親(43)に勉強をしろと叱られたので死ぬという遺書がポケットにあった。小六だった昨年十月にも母親に帰宅が遅いと叱られて包丁で切腹自殺を図って未遂となっていた。


昭和37年(1962).2.18〔小3がテレビの観過ぎを注意され自殺〕
 静岡県浜松市の自宅で、小学3年生(9)が首を吊って自殺した。「期末試験が近いんだから、テレビで西部劇ばかり観ていないで勉強しなさい」と叱られ、その後両親を脅かすつもりで首を吊るふりをしたが、誤って本当に吊ってしまったもの。


昭和37年(1962).7.5〔小4が怪我を負わせたことを苦に自殺〕
 茨城県日立市の小学4年生(10)が首を吊って自殺した。当日、女子に軽い怪我をさせたことで、家でのしつけが厳しかったことから親に叱られると思い、自殺したもの。学級委員で成績も良い。


昭和38年(1963).2.13〔小6が宿題を忘れ、授業中に飛び降り自殺〕
 大阪府大阪市城東区の小学校で、小学6年生(12)が授業中に窓から飛び降り、死亡した。クラスの2割ほどが宿題を忘れていたが、女性教諭(37)が少年に対して「きのうも忘れましたね。家の人に学校に来てもらいますよ」と注意すると、少年は真っ赤な顔をしながら頭を抱え、突然、窓から飛び降りたもの。陽気な性格で、日頃「僕はどんなことでもやったる」と話していた。


昭和38年(1963).6.21〔小6女子が服毒自殺〕
 徳島県板野郡土成町の農家の二女、小学6年生が、農薬を飲んで自殺をした。校長室で掃除して誤って墨で書かれた先生の名札を雑巾で消してしまい、そのことを気に病んでのもの。「名札を汚したのは私の責任です。そのために死にます」と遺書が残されていた。


昭和38年(1963).8.7〔小2が賭けに負けた腹いせに服毒自殺〕
 茨城県新沼郡の自宅で、小学2年生(7)が自殺した。捕まえたセミが飛べるかどうかの賭けをして「飛べたら5円やる」と云ったとたんにセミは飛翔。「農薬を飲んで死んで見せる」と友人を自宅に連れてきて、本当に飲んだもの。農業組合員(51)の長男。性格は明るかったが、母親は5年前に農薬を飲んで自殺をしていた。


昭和39年(1964).9.12〔小6が服毒自殺〕
 和歌山県日高郡の自宅で、小学6年生(12)が服毒自殺した。母親(36)に野球のユニフォームを繕ってくれと頼んだが忙しいのであとでと云われたため、「弟ばかり可愛がって僕を大事にしてくれない」と云って農薬を飲み「僕死にとうない」と母親に抱きついて死んだもの。「お母さん、面倒をみるといっていてごめんね。ぼくが悪かった」という遺書を残していた。


昭和39年(1964).10.10〔小5がプロレスごっこで弟死なせ自殺〕
 鳥取県倉吉市の自宅で、小学5年生の次男(11)がプロレスごっこで小学4年生の三男(9)の首を絞めて死亡させ、次男も首を吊って自殺した。「おかあさん、ぼくは悪い子です。おとうさんのところにいきます」という遺書とプロレスの星取り表が残されていた。


昭和42年(1967).11.1〔小6が教師に反抗し3階から飛び降りる〕
 静岡県静岡市中田の小学校で、小学6年生(11)が3階から飛び降り、重体になった。成績も近所の評判も良かったが、担任の女教師(47)と日頃から仲が悪く、「馬鹿が座っている」と罵声を浴びせ、注意されるとつかみかかった。他の教師に取り押さえられたが、突如「フライマンだ」と叫んで飛び降りたもの。以前から飛び降りをほのめかしており、嫌がらせとして突発的に飛び降りたものと見られている。


昭和45年(1970).2.14〔小5女子が両親の別居を苦にガス自殺〕
 京都府乙訓郡の自宅で、長女の小学5年生(11)がガス自殺した。両親は2年前から別居中で、芸能プロダクション経営の父親は月に何度か訪れてはいたが、母親と離婚の話をしては喧嘩していた。少女の遺書には両親の不和に苦悩していたことなどが書かれていた。やさしい性格で成績もよい方だった。


昭和45年(1970).7.6〔小6が遅刻の嘘で自殺〕
 大阪府豊中市の自宅で小学6年生の長男(12)が首吊り自殺した。台風で寝付きが悪く朝寝坊して学校を1時間遅刻したが、先生に「風邪をひいて」と嘘の言い訳をし、体育も見学していた。少年は責任感が強く、後悔して発作的に自殺したらしい。無遅刻で成績も良く、快活な性格で学級委員もしていた。


昭和46年(1971).2.10〔級友をケガさせたと小6男児自殺〕
 北海道で級友をケガさせたと小6男児自殺。


昭和46年(1971).10.16〔テレビ見て首吊りのマネ、小学生死ぬ〕
 大阪府でテレビ見て首吊りのマネ、小学生死ぬ。


昭和47年(1972).2.24〔小3女子が鉛筆盗んだと母親に叱られ自殺〕
 栃木県大田原市で、小学校3年生女子(9)が友達の家で鉛筆を盗んだことを母親に叱られ、首吊り自殺した。豊かな農家の長女で、副委員長だった。


昭和47年(1972).6.13〔小6が父親に叱られ自殺〕
 北海道札幌市で、小学6年生(11)が首吊り自殺した。登校拒否をしており、放浪癖があり、父親に叱られたため。継母だった。


昭和47年(1972).7.8〔小2が父親と逢えないこと苦に自殺〕
 愛知県の自宅で、小学2年生(8)が首と手首を刃物で切って自殺した。父親と逢えずにさびしいと。


昭和47年(1972).8.25〔園児、西部劇をまね自殺〕
 大阪府で園児、西部劇をまね自殺。


昭和47年(1972).9.8〔小5が体操のまねで誤って首つりか〕
 東京都の自宅で、小学5年生(12)が首吊り自殺した。体操のまねで誤ってやった可能性。


昭和47年(1972).9.23〔小6が首吊り自殺〕
 大阪府寝屋川市の自宅勉強部屋で、小学6年生(12)が首吊り自殺した。風邪で2日間休んでいた。首吊り遊びで足を滑らせた可能性があると警察は話す。


昭和48年(1973).2.14〔小6が学校で自殺〕
 群馬県の小学校の体育用具置き場で、6年生(12)が首吊り自殺。「期待重い」と。


昭和48年(1973).9.5〔小5が母親に叱られ自殺〕
 広島県広島市の自宅で、小学5年生が首吊り自殺。母親が妹だけをお好み焼き屋に連れて行ったので文句を云ったが逆に叱られて部屋に閉じこもっていた。


昭和48年(1973).9.21〔小6が病弱苦にして自殺〕
 徳島県阿南市の自宅側堤防で、小学6年生(13)が首吊り自殺。喘息のため1年就学延期しており、他の病気もあって4日前から学校を休み、遠足に出掛ける弟を見送ったあとの出来事。


昭和48年(1973).12.7〔小6女子3人が学校嫌と薬飲んで傘差して飛び降り自殺〕
 茨城県鹿島郡の小学校で放課後、6年生女子(12)4人が「学校にいるのが嫌だから、飛び降りて死のう。飛び降りるときは傘を使おう」と相談し、1人が「そーれ」とかけ声を掛けながら開いたコウモリ傘を持って3階から飛び降り、腰骨骨折で2ヶ月のケガを負い、続けて2人が一本のコウモリ傘で相合い傘をしながら飛び降り脊椎損傷で重体となった。1人は怖じ気づいて飛び降りなかった。
 前日に眠れないと薬局で鎮痛剤を購入、この日の朝に1人10錠以上飲んで興奮状態だった。日頃から飲んでいたらしい。10人以上の同級生が見守るなかでの飛び降りだった。


昭和49年(1974).4.5〔小5が自殺の母の後追い自殺〕
 京都府で、小学5年生(11)が病院の屋上から飛び降り自殺した。母親は10年前に離婚して2人暮らしだったが、母親は病気で3年間看護しており、この日に自宅で服毒自殺した。病院冷たいと抗議し、病院に運ばないで家へ運んでください。家では母が死んでいますという遺書と自宅への略図を残していた。


昭和49年(1974).6.29〔小1、駅構内で首つりごっこ〕
 奈良県で小1、駅構内で首つりごっこ。


昭和51年(1976).4.23〔小6がケガを負わせたことを苦に自殺〕
 東京都調布市の自宅物置で、小学6年生の長男(11)が首吊り自殺した。休み時間に校庭で友人の顔に3日間のケガをさせたため。


昭和51年(1976).6.17〔小学生の兄、妹とチャンネル争い、自殺〕
 鹿児島県で小学生の兄、妹とチャンネル争い、自殺。


昭和54年(1979).1.20〔友達との約束を反対され小学生自殺〕
 小学校3年生の男子児童(9歳)は、友達と釣りに行く約束をしていたが、母親から、子供たちだけで行くのは危険だから、家族と一緒に行くようたしなめられ、その直後子供部屋で首つり自殺した。(1月広島) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和54年(1979).5.〔小6女子がペットが死に自殺〕
 小学校6年生の女子児童(11歳)は、日頃かわいがっていたペットの猫が犬に噛み殺されたのを悲しんで首つり自殺した。(5月、千葉) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和54年(1979)事例引用
 小学3年の少女は、折り紙や雑誌を購入するのに母親の財布から現金5,000円を抜き取ったが、母親に詰問されてうそをついたことを強くしかられたため、ビルの4階から飛び降り自殺した(福岡)。


昭和55年(1980).2.〔小2が自殺〕
 男子小学2年生(8歳)は、両親が喫茶店を経営していて父親の帰りが遅く、平素から鉄道模型を買うことや旅行に出かけるなどの約束を守ってくれず、たまたま午後9時ごろ帰宅した父親が実家に行く際、一諸に行きたいとせがんだが夜遅いということで聞き入れてくれなかったことから衝動的に自殺した。(福井、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).8.〔小4が約束を破られ自殺〕
 男子小学4年生(10歳)は、父親とズック靴やシャツを買いに行く約束をしていたが、父親が急用で行けなくなったため、母親が代って行くことにしていた。しかし、母親も都合で行けなくなったため、約束を破られたと憤慨し、自室で首つり自殺した。(青森、8月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和57年(1982).3.11〔小2が万引き注意され自殺〕
 男子小学2年生(8歳)は、クラスの反省会で友人から粘土を万引きしたことを発表され、そのことで担任の教師から注意を受けたのを苦にして首つり自殺した。(山口、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和58年(1983).2.15〔小6女子が首吊り自殺〕
 東京都武蔵野市の自宅で、小学6年生女子(11)が首吊り自殺。成績もよく友達も多かった。


昭和59年(1984).2.27〔小6、友達殴ったのを叱られ自殺〕
 千葉県で小6、友達殴ったのを叱られ自殺。


昭和60年(1985).2.8〔学級委員の小6女子、皆言うことを聞いてくれないと自殺〕
 静岡県で学級委員の小6女子、皆言うことを聞いてくれないと自殺。


昭和60年(1985).2.16〔小5が教師に叱られ抗議メモ残し自殺〕
 神奈川県横浜市のマンション13階で、小学5年生(11)が飛び降り自殺した。「学校を破産させればいい」と友達に言ったため友達が石鹸水をこぼして担任の女性教師(51)に叱られ、この教師の名前とバカというメモ残していた。頭が良く読書好きで、素直ではないとこの教師からたびたび注意を受けていた。3人兄弟の末っ子。


昭和61年(1986).2.22〔小学生、イジメから抜けたい、この道しかないと自殺〕
 大阪府で小学生、イジメから抜けたい、この道しかないと自殺。


昭和61年(1986).8.23〔小4女児、ラジオ体操行かず、母に叱られ自殺〕
 東京都で小4女児、ラジオ体操行かず、母に叱られ自殺。


昭和61年(1986).9.7〔小学生、ファミコンできないと自殺〕
 栃木県で小学生、ファミコンできないと自殺。


昭和63年(1988).4.24〔小学6年、塾に疲れたと自殺〕
 大阪府で小学6年、塾に疲れたと自殺。



平成1年(1989).8.15〔小中学生の女子3人が"シナリオ自殺"、助かる〕
 徳島県で小中学生の女子3人が"シナリオ自殺"、助かる。


平成13年(2001).4.〔小学生による実母殺人事件〕
 小学6年生(11歳)は、今春小学校を転校したものであるが、学校の雰囲気に馴染めなかったため自殺を企図し、自宅において包丁で指を切るなどしていたところ、実母(44歳)に見つかり咎められたことから、両親から叱責を逃れるため、実母の頸部を刺すなどして殺害した。(4月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。

※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※


公立小学校児童の自殺者数統計

197719781979198019811982198319841985198619871988
昭52昭53昭54昭55昭56昭57昭58昭59昭60昭61昭62昭63
1091110886121114510
198919901991199219931994199519961997199819992000
平1平2平3平4平5平6平7平8平9平10平11平12
1553410396424
20012002200320042005200620072008
平13平14平15平16平17平18平19平20
43543230

文部科学省の統計による。
昭和62年までは年間の数,昭和63年以降は年度間の数。


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!


『戦前の少年犯罪』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

このページのトップへ ▲   
コメント:

僕は小学校・中学校のとき、父親がいないということで、先生や友達からいじめをうけていました!なので、学校も不登校の日が多かったです!自殺したいと思うこともあり、小学5年のときに、学校の3Fから飛び降り自殺を図ろうとしたこともありましたし、中学3年の時に、手首をカッターで刺したこともありました!ちなみに今でも心に残っていますが中学校の担任教師に公共の場で死ぬのだけはヤメロ、他の場で死ぬのは構わないって言われたことあります!あれは物凄い悲しかったですね!でもそれは間違いで、死ぬのはヤメロというのが普通だと思います!最近の教師はロクな奴がいないから、自殺が増えるよ!いっつも思ってたけど、最近ロクな教師いないよ!だからイジメも収まらないのよ!先生方が関わり合いになりたくないからだと思いますけどね!ちなみやなイジメで困っている方いれば、僕に相談して下さい!

Posted by: at 2014年12月08日 20:17

親は分からないだろうけどさ、自殺に追い込むものが受験にはあるって知って欲しい。

Posted by: あ at 2014年11月03日 21:11

多すぎるんだよなぁ・・・

Posted by: pani at 2014年08月27日 14:01

自殺するのは、よくないよ

Posted by: at 2014年05月12日 14:01

お子さんの自殺未遂についての悩みなどは、こちらからお好きな処を選んで相談してみてください。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html

障害児の親御さんなど、同じ悩みを抱えてる方はたくさんおりますので、グルーブカウンセリングなども受けられるところもありますし、相談するだけでも楽になるかと思います。
リンク先のサイトに連絡すれば、いろんなケースの不安や困難について、数多くの方々の相談を受けている専門家がおりますので、もっとも的確なアドバイスをもらえるでしょう。

Posted by: 管賀江留郎 at 2013年12月03日 22:40

うちも首つり自殺をはかりました。
ひもがきれて、助かりました。
てんかん、ほか障害があります。

私が、この子に迷惑かけられていると、思わせた結果、このようなことになりました。

でも、やさしくなれません。
私がいなくなりたいです。

Posted by: at 2013年12月03日 20:40

こんないろんなことがあったのに国は何やッてんだよ 本当に動くの遅い…………

Posted by: at 2013年05月16日 16:02

鹿野修哉さん、どうも。
助けが必要だったり、不安でしょうがない方は、こちらからお好きな処を選んで相談してみてください。
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/ikirusasaeru/index.html

いろんなケースの不安や困難について、数多くの方々の相談を受けている専門家がおりますので、もっとも的確なアドバイスをもらえるでしょう。

Posted by: 管賀江留郎 at 2013年03月02日 20:26

死にたい
死にたくて仕方が無い
僕が死ねば
皆は幸せになれるのかな
僕みたいな奴が
生きている
価値がない
誰か
タスケテ
お願い
嘘つきで
呆れちゃうような
欺いてしか生きられない
僕を
どうか
どうか
助けてください
苦しくて
皆に会わせる顔がなくて
友達はたくさんいるんだ
僕より良い奴でさ
居場所がないよ・・・

Posted by: 鹿野修哉 at 2013年03月02日 18:10

私は生まれつきのコンプレックスの塊で、当然いじめや虐待のターゲットだった。恥ずかしいですがウチのお父さんの母校の高校生や大津の中学生の自殺を見て、死にたいのはむしろこっちのほうだと思っている。この子達なんて私と比べたらまだマシな人格で人生だったかもしれない。私なんてもう30代ですが、いまだに子供の頃のトラウマがフラッシュバックしてむしろ生まれてこなかったほうが、ようは中絶で水子になって地蔵送りされたほうがマシだった。

Posted by: ななしごんべ at 2013年02月09日 16:00

子供の自殺が増えてると言うが過去に体罰やいじめはもっと多く、自殺も多かった時期はあった。昔のいじめや体罰は隠蔽されてきたという意見もあるが、注目されてなかっただけのこと。自殺全体からすると子供の自殺はごく少ないのに、今ではしつこく報道し過ぎる。
報道されることによる連鎖反応を問題にする意見もあるが、おじさん世代の自殺は前からもっと増えていても問題視されてない。それこそ大人への差別か、隠蔽してると思えるくらいに。交通事故死亡例を全部報道してられないのと同じくらい数多い自殺なのだが、おじさんの自殺はまさに無視されている。

Posted by: bnv at 2013年01月26日 13:25

辛い辛い思いをしている子供を助けることを出来るのは
大人しかいません。
日ごろから子供の話を聞いて、毎日を楽しく過ごせるようにしてあげてください。
それに、助けることが出来る反面、大人が原因で自殺してしまう子供もいるので、大人は子供を助けるんだ!という強い気持ちでいて欲しいと思います。

Posted by: さくらんぼ at 2013年01月23日 17:39

自殺してしまうのは、仕方ありません
悪いのは、大人なのです。

Posted by: ?????? at 2012年10月25日 22:31

ドンマイですね!!

Posted by: rgrgrgr at 2012年06月13日 11:56

現在も大人を見て、今日も、子供たちは、真剣に生きている。

大人の態度が、誠実でなければ、子供には、得体の知れないお調子者にしか見られない。

子は、親の写鏡。

勉強で良い点を取る教育も、感情豊かな教育も、何でも良いが、子供に対して、誠実になるべきだ。

決して、そこを疎かにすべきではないはずだが・・・

Posted by: nanashi at 2012年05月07日 09:53

可愛そうに
悲しい
辛い
何でだろう?

Posted by: at 2012年04月26日 16:07

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/

Posted by: yu at 2011年12月12日 20:03

私も自殺しようかなと思ったんですけど、人生はまだ終わんないと頑張って大人まで生きると頑張っています

Posted by: 冨澤かな at 2011年08月13日 10:39

私は中学1年生ですが、今年の3月に卒業したばかりの学校で小3の子が自殺したというニュースを見ました。最初は信じられなかったのですが、校長先生が会見をしているのをテレビで見て、ホントなんだな・・・と確信しました。こういう事が起きて本当に残念だと思っています。先生も自分の立場だけじゃなく、もっと生徒の事を見てほしいと思いました。私は以前から、小3でいじめが激しいのは分かっていたのにどうして先生達は気付かなかったのでしょうか。生徒の事を見ていない証拠なんじゃないでしょうか。

Posted by: あいすくりーむ at 2010年09月26日 10:19

我々若い世代からみれば、随分昔の出来事ばかりですが、近年再び増えてきてますね。

とても苦しいです。


こどもたちの自殺がなくなることを切に願います。

Posted by: 犬飼 at 2008年10月28日 22:24

同じような仕打ちを受けた事もあった
似たような環境の子も居る
でも、死ぬのは周りが守ってあげれなかったから
そう責任感を負う必要があるとも思う。
自殺は誰も悪くない、そう静かに見送るものだとも。

Posted by: 継承者 at 2008年09月10日 14:50


失礼します。
      Googleにて拝見 
    
 「イジメ撲滅」のご案内
       ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/    

Posted by: あだち at 2008年06月25日 14:34
コメント投稿









情報を記憶する






子どもの犯罪被害データーベース
子どもの犯罪被害データーベース

子どもの自殺

昭和15年(1940).10.23〔小6(満11~12歳)が鉄道自殺〕
 東京市の田端駅付近で夜、小学6年生(13)が列車に飛び込み自殺。


昭和30年(1955).3.22〔小6女子が教師と心中〕
 岩手県陸前高田市の旅館で、小学6年生女子(12)が担任教師(26)とアドルム自殺した。成績優秀で明朗な性格、前日の卒業式で代表として答辞を読んだあと帰宅して母親の隣で寝たが、夜中に家を抜け出したもの。中流以上の家庭で6人兄弟の唯一の女の子。両親はおかしな様子をまったく感じていなかった。教師は妻子がある。
 女子は教師の娘に「貴女の大事なお父さんと死んでゆくことはすみません。元気で育って下さい」、級友に「中学にいっても良く勉強して下さい」という遺書を残していた。


昭和30年(1955).7.5〔小4が悪ふざけを咎められ自殺〕
 兵庫県神戸市東灘区で、銀行員の長男の小学4年生(8)が鉄道自殺した。友達の持ち物を隠しあう「かくしごっこ」をやっていた15人ほどを担任教師(32)が叱ったが、帰宅中に少年は「先生は泥棒学校へ行けと言った。帰ったら母さんに叱られる。もう死んじまいたい。君も一緒に死のう」と、友人を引き連れ線路上を歩き、列車が警笛を鳴らしながら近づくと、死亡した少年だけが「死ぬ、死ぬ」と言って列車に向かって轢かれて死亡したもの。


昭和30年(1955).7.18〔小6が早退を咎められ自殺未遂〕
 青森県八戸市の農家の三男の小学6年生(12)が、「おらはいつも学校を早退させられるから首をつって死んでしまう」と自殺を図ったが、妹(8)が知らせて近所の人が駆け付け、未遂に終わった。弟妹らの面倒のため、度々早退させられ、そのことを担任の教師に咎められたことを苦に自殺を図ったもの。


昭和30年(1955).7.21〔小4が喧嘩を咎められ入水自殺〕
 静岡県引佐郡の農家の二男の小学4年生(9)が、小学1年生と喧嘩をして石を額にぶつけて傷を負わせたため、担任教師(27)が父兄宛の手紙を持たせて帰宅させたが、「家に帰ると叱られるから、僕は池に飛び込んで死ぬ」という遺書を友人に渡して姿を消し、22日に貯水池で死んでいるのが見つかった。


昭和30年(1955).8.4〔中1と小4の兄弟が貧困を苦に自殺〕
 茨城県多賀郡南村の中学1年生(13)と小学4年生(10)の兄弟が、常磐線で鉄道自殺をした。父親は引揚者のため定職が無く、生活扶助を受けながら7人の子供らに手製のほうきを売らせていた。兄弟は履く靴も無いまま「ほうきが売れないとうどんが食べられない」と売り歩いていた。2日前に売上金500円を買い食いに使ってしまい、父に叱られるのを恐れて家出していた。


昭和31年(1956).9.23〔小6が首つりマネして死亡〕
  愛媛県新居浜市の自宅で、小学6年生(12)が首つり自殺した。クラストップの成績で、学級委員の優等生。探偵小説好きで「怪盗ルパン」などを好んで読んでいたが、自殺の方法を写真と図解入りで詳しく書いてある本が机の上にあったため、探偵小説の研究のため死に方を真似して、誤って死亡したと思われる。


昭和32年(1957).10.6〔小6が自殺〕
 北海道亀田郡の自宅裏で、小学6年生(12)が首つり自殺した。9.9に女の子にいたずらして泣かせたが、教師(30)が運動会の祝い酒に酔っていたこともあって「殺してやる」と云いながら10回以上も殴り、鼻血を出す十日間のケガを負わせ、それから学校に行くのを嫌がっていた。「学校に行きたくない」という遺書も残していたため両親は学校の責任を追及、学校は殴ったことは事実だが自殺の原因は家庭にあると対立、翌日、児童福祉司の調査などで4年生のときから死にたいと云っていたことなどから厳しい家庭に原因があると結論を出した。


昭和32年(1957).12.24〔小5が登校拒否で叱られ自殺〕
 大阪府大阪市の自宅で、小学5年生(11)が首吊り自殺。勉強嫌いで登校拒否をしていたが、7年前に母親は死亡して姉(20)も入院中で、仕事に忙しい父親は気づいておらず、この日の成績表で初めて知って「お前のようなものはお父さんの子供ではない」と叱ったあとの出来事。


昭和32年(1957).12.29〔小4が叱られ自殺〕
 広島県広島市の自宅トイレで、小学4年生(9)が首吊り自殺。下着姿のまま朝食を食べようとして父親に叱られ殴られた直後。日頃から親の言うことをきかなかった。


昭和33年(1958).2.7〔小4が列車に飛び込み自殺〕
 大阪府大阪市東淀川区で、駅ホームから西淀川区の小学4年生(10)が列車に飛び込み自殺。そろばん塾から帰宅して夜に家を出ていたが、動機は不明。父親(49)は鉄工業勤務。


昭和33年(1958).4.3〔小4が睡眠薬自殺未遂〕
 東京都中野区で、小学4年生(9)が睡眠薬を飲んで自殺を図ったが、すぐに病院に運び込まれたため命を取り留めた。「お母さんに頼まれて来た」と云って薬局でプロバリンを五十円で質い、すぐに路上で飲んだもの。父親は「原因には全く心当りない。家のテレビでおとなの血なまぐさいことを見ているのでこの影響ではないだろうか」と語る。※談話は読売新聞引用。


昭和33年(1958).4.9〔小6が泥棒と疑われて自殺〕
 東京都葛飾区の新小岩駅で、小学6年生(12)が飛び込み自殺。祖母にサイフを盗んだと言われて「犯人はぼくじゃない」という遺書を遺していた。父親は刑務所に入っており、母親は酒場の勤めのため深夜まで帰らない家庭だった。


昭和34年(1959).1.12〔小6が引き籠もってガス自殺〕
 兵庫県神戸市の自宅で、小学6年生(12)がガス自殺した。両親が3年前に病死して姉に育てられていた。友達がおらず、11月から学校に行っていなかったが、昼間働いている姉は気づいていなかった。


昭和34年(1959).1.15〔小2が首つり自殺〕
 香川県三豊郡の自宅で、小学2年生(8)が首つり自殺した。母親に叱られて。


昭和34年(1959).5.3〔小6が誤って首吊り〕
 福岡県小倉市の自宅で、小学6年生(11)が手を後ろで縛って首を吊っていた。警察は自分で縛って首吊りのマネをした過失死と断定。


昭和34年(1959).5.29〔小6がいじめを叱られ自殺〕
 熊本県天草郡の小学校で、6年生(12)が自殺した。下級生にたびたびリンチを加えており、この日も5年生10数人を殴ったので、5年生担任の教師が「父親と相談するから学校に呼んで来い」と叱っていた。この教師に当てた「すみません」という遺書を残し、体育館運動具倉庫で首を吊ったもの。


昭和34年(1959).8.31〔小4女子が怪我をさせたことを苦に自殺〕
 千葉県君津郡の貯水池で、小学4年生女子(10)が入水自殺をした。この日、友人の少女(6)を自転車に乗せ、手放し運転をして転倒し、右手を骨折させてしまった。両親に叱られたことと責任感から自殺したものと見られている。カジ職(51)の四女。


昭和34年(1959).9.11〔中2、小6、小2の3姉妹が不倫する母に抗議の自殺〕
 東京都北多摩郡の、中学2年生の長女(14)、小学6年生の二女(11)、小学2年生の四女(7)の少女3人が、11日に家出し、18日までに玉川上水で死体となって発見された。三女の小学3年生(9)も一緒に家出をしていたが12日に戻った。
 父親(49)は数年前に肺結核で失職。長女は勉強時間を削って父親の内職を手伝い、妹の面倒を見ていたが、後妻の母親(38)は勤務先の男と不倫をし、度々家をあけていた。「お母さんに別れてくれるように頼みましたが、余計なことを言うな、お前のような子は死んでも構わないと言われました。そうなればお父さんはかわいそうですが、私たちにはもう死を選ぶ道しかありません。お母さん、まじめになって下さい」との連名の遺書が残されていた。


昭和34年(1959).10.23〔小5女子が給食費盗んだと疑われ自殺〕
 広島県佐伯郡の自宅で、小学校5年生女子(11)が首吊り自殺した。学校で同級生の給食費を盗んだと疑われ、祖母に叱れた直後だった。


昭和36年(1961).1.28〔小6が教師に注意されて自殺〕
 大分県竹田市の自宅納屋で、小学6年生(12)が首つり自殺した。快活な性格で家族にも心当たりはないが、前日に放課後の教室で暴れていて教師に注意されていた。


昭和36年(1961).2.3〔小6少女が家族に盗みを疑われ、抗議の自殺〕
 東京都足立区加平町の農家の二女小学6年生(12)が農薬を飲んで死亡した。現金2千円が無くなり、家族に疑われ、それに抗議する形で自殺したもの。「私が盗んだのではない。お父さんや姉さんを憎む」との遺書が残されていた。
 父親が昨年、2人の子供がいる後妻と再婚。仲は悪く、担任の教師に度々不満を漏らしていた。以前に5千円を持ち出し、埼玉県に住む実母に渡していたことがあった。


昭和36年(1961).3.8〔小5が弁当作ってもらえず自殺〕
 高知県高知市の自宅で、小学5年生(10)が首つり自殺した。母親(53)に遠足の弁当を頼んだが、自分で作れと云われて遠足を休み、弟とケンカしたことで母親に叱られたすぐ後のこと。母親はバー経営者。


昭和36年(1961).4.3〔小6が電車に飛び込み自殺〕
 兵庫県西宮市の阪神電車踏切で、小学6年生(11)が飛び込み自殺した。内向的な性格、高一の長男がボクシングの相手にしていじめるので「兄のいうことばかりきくのはいや」という書き置きを残して家出、一時間後に帰宅しようとしたが、すでに捜索願が出されて近所の人たちが大騒ぎして探しているのを見てショックを受け自殺したものと警察では見ている。


昭和36年(1961).5.7〔中1が叱られて自殺〕
 福岡県小倉市の自宅で、中学1年生(12)が首つり自殺した。母親(43)に勉強をしろと叱られたので死ぬという遺書がポケットにあった。小六だった昨年十月にも母親に帰宅が遅いと叱られて包丁で切腹自殺を図って未遂となっていた。


昭和37年(1962).2.18〔小3がテレビの観過ぎを注意され自殺〕
 静岡県浜松市の自宅で、小学3年生(9)が首を吊って自殺した。「期末試験が近いんだから、テレビで西部劇ばかり観ていないで勉強しなさい」と叱られ、その後両親を脅かすつもりで首を吊るふりをしたが、誤って本当に吊ってしまったもの。


昭和37年(1962).7.5〔小4が怪我を負わせたことを苦に自殺〕
 茨城県日立市の小学4年生(10)が首を吊って自殺した。当日、女子に軽い怪我をさせたことで、家でのしつけが厳しかったことから親に叱られると思い、自殺したもの。学級委員で成績も良い。


昭和38年(1963).2.13〔小6が宿題を忘れ、授業中に飛び降り自殺〕
 大阪府大阪市城東区の小学校で、小学6年生(12)が授業中に窓から飛び降り、死亡した。クラスの2割ほどが宿題を忘れていたが、女性教諭(37)が少年に対して「きのうも忘れましたね。家の人に学校に来てもらいますよ」と注意すると、少年は真っ赤な顔をしながら頭を抱え、突然、窓から飛び降りたもの。陽気な性格で、日頃「僕はどんなことでもやったる」と話していた。


昭和38年(1963).6.21〔小6女子が服毒自殺〕
 徳島県板野郡土成町の農家の二女、小学6年生が、農薬を飲んで自殺をした。校長室で掃除して誤って墨で書かれた先生の名札を雑巾で消してしまい、そのことを気に病んでのもの。「名札を汚したのは私の責任です。そのために死にます」と遺書が残されていた。


昭和38年(1963).8.7〔小2が賭けに負けた腹いせに服毒自殺〕
 茨城県新沼郡の自宅で、小学2年生(7)が自殺した。捕まえたセミが飛べるかどうかの賭けをして「飛べたら5円やる」と云ったとたんにセミは飛翔。「農薬を飲んで死んで見せる」と友人を自宅に連れてきて、本当に飲んだもの。農業組合員(51)の長男。性格は明るかったが、母親は5年前に農薬を飲んで自殺をしていた。


昭和39年(1964).9.12〔小6が服毒自殺〕
 和歌山県日高郡の自宅で、小学6年生(12)が服毒自殺した。母親(36)に野球のユニフォームを繕ってくれと頼んだが忙しいのであとでと云われたため、「弟ばかり可愛がって僕を大事にしてくれない」と云って農薬を飲み「僕死にとうない」と母親に抱きついて死んだもの。「お母さん、面倒をみるといっていてごめんね。ぼくが悪かった」という遺書を残していた。


昭和39年(1964).10.10〔小5がプロレスごっこで弟死なせ自殺〕
 鳥取県倉吉市の自宅で、小学5年生の次男(11)がプロレスごっこで小学4年生の三男(9)の首を絞めて死亡させ、次男も首を吊って自殺した。「おかあさん、ぼくは悪い子です。おとうさんのところにいきます」という遺書とプロレスの星取り表が残されていた。


昭和42年(1967).11.1〔小6が教師に反抗し3階から飛び降りる〕
 静岡県静岡市中田の小学校で、小学6年生(11)が3階から飛び降り、重体になった。成績も近所の評判も良かったが、担任の女教師(47)と日頃から仲が悪く、「馬鹿が座っている」と罵声を浴びせ、注意されるとつかみかかった。他の教師に取り押さえられたが、突如「フライマンだ」と叫んで飛び降りたもの。以前から飛び降りをほのめかしており、嫌がらせとして突発的に飛び降りたものと見られている。


昭和45年(1970).2.14〔小5女子が両親の別居を苦にガス自殺〕
 京都府乙訓郡の自宅で、長女の小学5年生(11)がガス自殺した。両親は2年前から別居中で、芸能プロダクション経営の父親は月に何度か訪れてはいたが、母親と離婚の話をしては喧嘩していた。少女の遺書には両親の不和に苦悩していたことなどが書かれていた。やさしい性格で成績もよい方だった。


昭和45年(1970).7.6〔小6が遅刻の嘘で自殺〕
 大阪府豊中市の自宅で小学6年生の長男(12)が首吊り自殺した。台風で寝付きが悪く朝寝坊して学校を1時間遅刻したが、先生に「風邪をひいて」と嘘の言い訳をし、体育も見学していた。少年は責任感が強く、後悔して発作的に自殺したらしい。無遅刻で成績も良く、快活な性格で学級委員もしていた。


昭和46年(1971).2.10〔級友をケガさせたと小6男児自殺〕
 北海道で級友をケガさせたと小6男児自殺。


昭和46年(1971).10.16〔テレビ見て首吊りのマネ、小学生死ぬ〕
 大阪府でテレビ見て首吊りのマネ、小学生死ぬ。


昭和47年(1972).2.24〔小3女子が鉛筆盗んだと母親に叱られ自殺〕
 栃木県大田原市で、小学校3年生女子(9)が友達の家で鉛筆を盗んだことを母親に叱られ、首吊り自殺した。豊かな農家の長女で、副委員長だった。


昭和47年(1972).6.13〔小6が父親に叱られ自殺〕
 北海道札幌市で、小学6年生(11)が首吊り自殺した。登校拒否をしており、放浪癖があり、父親に叱られたため。継母だった。


昭和47年(1972).7.8〔小2が父親と逢えないこと苦に自殺〕
 愛知県の自宅で、小学2年生(8)が首と手首を刃物で切って自殺した。父親と逢えずにさびしいと。


昭和47年(1972).8.25〔園児、西部劇をまね自殺〕
 大阪府で園児、西部劇をまね自殺。


昭和47年(1972).9.8〔小5が体操のまねで誤って首つりか〕
 東京都の自宅で、小学5年生(12)が首吊り自殺した。体操のまねで誤ってやった可能性。


昭和47年(1972).9.23〔小6が首吊り自殺〕
 大阪府寝屋川市の自宅勉強部屋で、小学6年生(12)が首吊り自殺した。風邪で2日間休んでいた。首吊り遊びで足を滑らせた可能性があると警察は話す。


昭和48年(1973).2.14〔小6が学校で自殺〕
 群馬県の小学校の体育用具置き場で、6年生(12)が首吊り自殺。「期待重い」と。


昭和48年(1973).9.5〔小5が母親に叱られ自殺〕
 広島県広島市の自宅で、小学5年生が首吊り自殺。母親が妹だけをお好み焼き屋に連れて行ったので文句を云ったが逆に叱られて部屋に閉じこもっていた。


昭和48年(1973).9.21〔小6が病弱苦にして自殺〕
 徳島県阿南市の自宅側堤防で、小学6年生(13)が首吊り自殺。喘息のため1年就学延期しており、他の病気もあって4日前から学校を休み、遠足に出掛ける弟を見送ったあとの出来事。


昭和48年(1973).12.7〔小6女子3人が学校嫌と薬飲んで傘差して飛び降り自殺〕
 茨城県鹿島郡の小学校で放課後、6年生女子(12)4人が「学校にいるのが嫌だから、飛び降りて死のう。飛び降りるときは傘を使おう」と相談し、1人が「そーれ」とかけ声を掛けながら開いたコウモリ傘を持って3階から飛び降り、腰骨骨折で2ヶ月のケガを負い、続けて2人が一本のコウモリ傘で相合い傘をしながら飛び降り脊椎損傷で重体となった。1人は怖じ気づいて飛び降りなかった。
 前日に眠れないと薬局で鎮痛剤を購入、この日の朝に1人10錠以上飲んで興奮状態だった。日頃から飲んでいたらしい。10人以上の同級生が見守るなかでの飛び降りだった。


昭和49年(1974).4.5〔小5が自殺の母の後追い自殺〕
 京都府で、小学5年生(11)が病院の屋上から飛び降り自殺した。母親は10年前に離婚して2人暮らしだったが、母親は病気で3年間看護しており、この日に自宅で服毒自殺した。病院冷たいと抗議し、病院に運ばないで家へ運んでください。家では母が死んでいますという遺書と自宅への略図を残していた。


昭和49年(1974).6.29〔小1、駅構内で首つりごっこ〕
 奈良県で小1、駅構内で首つりごっこ。


昭和51年(1976).4.23〔小6がケガを負わせたことを苦に自殺〕
 東京都調布市の自宅物置で、小学6年生の長男(11)が首吊り自殺した。休み時間に校庭で友人の顔に3日間のケガをさせたため。


昭和51年(1976).6.17〔小学生の兄、妹とチャンネル争い、自殺〕
 鹿児島県で小学生の兄、妹とチャンネル争い、自殺。


昭和54年(1979).1.20〔友達との約束を反対され小学生自殺〕
 小学校3年生の男子児童(9歳)は、友達と釣りに行く約束をしていたが、母親から、子供たちだけで行くのは危険だから、家族と一緒に行くようたしなめられ、その直後子供部屋で首つり自殺した。(1月広島) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和54年(1979).5.〔小6女子がペットが死に自殺〕
 小学校6年生の女子児童(11歳)は、日頃かわいがっていたペットの猫が犬に噛み殺されたのを悲しんで首つり自殺した。(5月、千葉) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


「警察白書」の昭和54年(1979)事例引用
 小学3年の少女は、折り紙や雑誌を購入するのに母親の財布から現金5,000円を抜き取ったが、母親に詰問されてうそをついたことを強くしかられたため、ビルの4階から飛び降り自殺した(福岡)。


昭和55年(1980).2.〔小2が自殺〕
 男子小学2年生(8歳)は、両親が喫茶店を経営していて父親の帰りが遅く、平素から鉄道模型を買うことや旅行に出かけるなどの約束を守ってくれず、たまたま午後9時ごろ帰宅した父親が実家に行く際、一諸に行きたいとせがんだが夜遅いということで聞き入れてくれなかったことから衝動的に自殺した。(福井、2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).8.〔小4が約束を破られ自殺〕
 男子小学4年生(10歳)は、父親とズック靴やシャツを買いに行く約束をしていたが、父親が急用で行けなくなったため、母親が代って行くことにしていた。しかし、母親も都合で行けなくなったため、約束を破られたと憤慨し、自室で首つり自殺した。(青森、8月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和57年(1982).3.11〔小2が万引き注意され自殺〕
 男子小学2年生(8歳)は、クラスの反省会で友人から粘土を万引きしたことを発表され、そのことで担任の教師から注意を受けたのを苦にして首つり自殺した。(山口、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和58年(1983).2.15〔小6女子が首吊り自殺〕
 東京都武蔵野市の自宅で、小学6年生女子(11)が首吊り自殺。成績もよく友達も多かった。


昭和59年(1984).2.27〔小6、友達殴ったのを叱られ自殺〕
 千葉県で小6、友達殴ったのを叱られ自殺。


昭和60年(1985).2.8〔学級委員の小6女子、皆言うことを聞いてくれないと自殺〕
 静岡県で学級委員の小6女子、皆言うことを聞いてくれないと自殺。


昭和60年(1985).2.16〔小5が教師に叱られ抗議メモ残し自殺〕
 神奈川県横浜市のマンション13階で、小学5年生(11)が飛び降り自殺した。「学校を破産させればいい」と友達に言ったため友達が石鹸水をこぼして担任の女性教師(51)に叱られ、この教師の名前とバカというメモ残していた。頭が良く読書好きで、素直ではないとこの教師からたびたび注意を受けていた。3人兄弟の末っ子。


昭和61年(1986).2.22〔小学生、イジメから抜けたい、この道しかないと自殺〕
 大阪府で小学生、イジメから抜けたい、この道しかないと自殺。


昭和61年(1986).8.23〔小4女児、ラジオ体操行かず、母に叱られ自殺〕
 東京都で小4女児、ラジオ体操行かず、母に叱られ自殺。


昭和61年(1986).9.7〔小学生、ファミコンできないと自殺〕
 栃木県で小学生、ファミコンできないと自殺。


昭和63年(1988).4.24〔小学6年、塾に疲れたと自殺〕
 大阪府で小学6年、塾に疲れたと自殺。



平成1年(1989).8.15〔小中学生の女子3人が"シナリオ自殺"、助かる〕
 徳島県で小中学生の女子3人が"シナリオ自殺"、助かる。


平成13年(2001).4.〔小学生による実母殺人事件〕
 小学6年生(11歳)は、今春小学校を転校したものであるが、学校の雰囲気に馴染めなかったため自殺を企図し、自宅において包丁で指を切るなどしていたところ、実母(44歳)に見つかり咎められたことから、両親から叱責を逃れるため、実母の頸部を刺すなどして殺害した。(4月、兵庫) 警察庁「少年非行等の概要」引用。

※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。※


公立小学校児童の自殺者数統計

197719781979198019811982198319841985198619871988
昭52昭53昭54昭55昭56昭57昭58昭59昭60昭61昭62昭63
1091110886121114510
198919901991199219931994199519961997199819992000
平1平2平3平4平5平6平7平8平9平10平11平12
1553410396424
20012002200320042005200620072008
平13平14平15平16平17平18平19平20
43543230

文部科学省の統計による。
昭和62年までは年間の数,昭和63年以降は年度間の数。


『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の著作第二弾。
『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』

冤罪、殺人、戦争、テロ、大恐慌。すべての悲劇の原因は、人間の正しい心だった!
我が身を捨て、無実の少年を死刑から救おうとした刑事。彼の遺した一冊の書から、人間の本質へ迫る迷宮に迷い込む!
世界のすべてと人の心、さらには昭和史の裏面をも抉るミステリ・ノンフィクション!これぞ、21世紀の道徳感情論!


『戦前の少年犯罪』子どもの犯罪被害データベース主宰・管賀江留郎の本が出ました。
『戦前の少年犯罪』

戦前は小学生の人殺しや、少年の親殺し、動機の不可解な異常犯罪が続発していた。
なぜ、あの時代に教育勅語と修身が必要だったのか?戦前の道徳崩壊の凄まじさが膨大な実証データによって明らかにされる。
学者もジャーナリストも政治家も、真実を知らずに妄想の教育論、でたらめな日本論を語っていた!

このページのトップへ ▲   


     


コメント:

僕は小学校・中学校のとき、父親がいないということで、先生や友達からいじめをうけていました!なので、学校も不登校の日が多かったです!自殺したいと思うこともあり、小学5年のときに、学校の3Fから飛び降り自殺を図ろうとしたこともありましたし、中学3年の時に、手首をカッターで刺したこともありました!ちなみに今でも心に残っていますが中学校の担任教師に公共の場で死ぬのだけはヤメロ、他の場で死ぬのは構わないって言われたことあります!あれは物凄い悲しかったですね!でもそれは間違いで、死ぬのはヤメロというのが普通だと思います!最近の教師はロクな奴がいないから、自殺が増えるよ!いっつも思ってたけど、最近ロクな教師いないよ!だからイジメも収まらないのよ!先生方が関わり合いになりたくないからだと思いますけどね!ちなみやなイジメで困っている方いれば、僕に相談して下さい!

Posted by: at 2014年12月08日 20:17

親は分からないだろうけどさ、自殺に追い込むものが受験にはあるって知って欲しい。

Posted by: あ at 2014年11月03日 21:11

多すぎるんだよなぁ・・・

Posted by: pani at 2014年08月27日 14:01

自殺するのは、よくないよ

Posted by: at 2014年05月12日 14:01

お子さんの自殺未遂についての悩みなどは、こちらからお好きな処を選んで相談してみてください。
http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/link/soudan.html

障害児の親御さんなど、同じ悩みを抱えてる方はたくさんおりますので、グルーブカウンセリングなども受けられるところもありますし、相談するだけでも楽になるかと思います。
リンク先のサイトに連絡すれば、いろんなケースの不安や困難について、数多くの方々の相談を受けている専門家がおりますので、もっとも的確なアドバイスをもらえるでしょう。

Posted by: 管賀江留郎 at 2013年12月03日 22:40

うちも首つり自殺をはかりました。
ひもがきれて、助かりました。
てんかん、ほか障害があります。

私が、この子に迷惑かけられていると、思わせた結果、このようなことになりました。

でも、やさしくなれません。
私がいなくなりたいです。

Posted by: at 2013年12月03日 20:40

こんないろんなことがあったのに国は何やッてんだよ 本当に動くの遅い…………

Posted by: at 2013年05月16日 16:02

鹿野修哉さん、どうも。
助けが必要だったり、不安でしょうがない方は、こちらからお好きな処を選んで相談してみてください。
http://ikiru.ncnp.go.jp/ikiru-hp/ikirusasaeru/index.html

いろんなケースの不安や困難について、数多くの方々の相談を受けている専門家がおりますので、もっとも的確なアドバイスをもらえるでしょう。

Posted by: 管賀江留郎 at 2013年03月02日 20:26

死にたい
死にたくて仕方が無い
僕が死ねば
皆は幸せになれるのかな
僕みたいな奴が
生きている
価値がない
誰か
タスケテ
お願い
嘘つきで
呆れちゃうような
欺いてしか生きられない
僕を
どうか
どうか
助けてください
苦しくて
皆に会わせる顔がなくて
友達はたくさんいるんだ
僕より良い奴でさ
居場所がないよ・・・

Posted by: 鹿野修哉 at 2013年03月02日 18:10

私は生まれつきのコンプレックスの塊で、当然いじめや虐待のターゲットだった。恥ずかしいですがウチのお父さんの母校の高校生や大津の中学生の自殺を見て、死にたいのはむしろこっちのほうだと思っている。この子達なんて私と比べたらまだマシな人格で人生だったかもしれない。私なんてもう30代ですが、いまだに子供の頃のトラウマがフラッシュバックしてむしろ生まれてこなかったほうが、ようは中絶で水子になって地蔵送りされたほうがマシだった。

Posted by: ななしごんべ at 2013年02月09日 16:00

子供の自殺が増えてると言うが過去に体罰やいじめはもっと多く、自殺も多かった時期はあった。昔のいじめや体罰は隠蔽されてきたという意見もあるが、注目されてなかっただけのこと。自殺全体からすると子供の自殺はごく少ないのに、今ではしつこく報道し過ぎる。
報道されることによる連鎖反応を問題にする意見もあるが、おじさん世代の自殺は前からもっと増えていても問題視されてない。それこそ大人への差別か、隠蔽してると思えるくらいに。交通事故死亡例を全部報道してられないのと同じくらい数多い自殺なのだが、おじさんの自殺はまさに無視されている。

Posted by: bnv at 2013年01月26日 13:25

辛い辛い思いをしている子供を助けることを出来るのは
大人しかいません。
日ごろから子供の話を聞いて、毎日を楽しく過ごせるようにしてあげてください。
それに、助けることが出来る反面、大人が原因で自殺してしまう子供もいるので、大人は子供を助けるんだ!という強い気持ちでいて欲しいと思います。

Posted by: さくらんぼ at 2013年01月23日 17:39

自殺してしまうのは、仕方ありません
悪いのは、大人なのです。

Posted by: ?????? at 2012年10月25日 22:31

ドンマイですね!!

Posted by: rgrgrgr at 2012年06月13日 11:56

現在も大人を見て、今日も、子供たちは、真剣に生きている。

大人の態度が、誠実でなければ、子供には、得体の知れないお調子者にしか見られない。

子は、親の写鏡。

勉強で良い点を取る教育も、感情豊かな教育も、何でも良いが、子供に対して、誠実になるべきだ。

決して、そこを疎かにすべきではないはずだが・・・

Posted by: nanashi at 2012年05月07日 09:53

可愛そうに
悲しい
辛い
何でだろう?

Posted by: at 2012年04月26日 16:07

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/

Posted by: yu at 2011年12月12日 20:03

私も自殺しようかなと思ったんですけど、人生はまだ終わんないと頑張って大人まで生きると頑張っています

Posted by: 冨澤かな at 2011年08月13日 10:39

私は中学1年生ですが、今年の3月に卒業したばかりの学校で小3の子が自殺したというニュースを見ました。最初は信じられなかったのですが、校長先生が会見をしているのをテレビで見て、ホントなんだな・・・と確信しました。こういう事が起きて本当に残念だと思っています。先生も自分の立場だけじゃなく、もっと生徒の事を見てほしいと思いました。私は以前から、小3でいじめが激しいのは分かっていたのにどうして先生達は気付かなかったのでしょうか。生徒の事を見ていない証拠なんじゃないでしょうか。

Posted by: あいすくりーむ at 2010年09月26日 10:19

我々若い世代からみれば、随分昔の出来事ばかりですが、近年再び増えてきてますね。

とても苦しいです。


こどもたちの自殺がなくなることを切に願います。

Posted by: 犬飼 at 2008年10月28日 22:24

同じような仕打ちを受けた事もあった
似たような環境の子も居る
でも、死ぬのは周りが守ってあげれなかったから
そう責任感を負う必要があるとも思う。
自殺は誰も悪くない、そう静かに見送るものだとも。

Posted by: 継承者 at 2008年09月10日 14:50


失礼します。
      Googleにて拝見 
    
 「イジメ撲滅」のご案内
       ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/    

Posted by: あだち at 2008年06月25日 14:34
コメント投稿









情報を記憶する