子どもの犯罪被害データーベース

赤ちゃん殺し統計グラフ

赤ちゃん殺し統計グラフ

警察庁「犯罪統計書」による。嬰児殺とは1歳未満の赤ちゃんを殺害すること。
1945~1972.5.14の沖縄の数値を含まない。
昭和23年と昭和24年は「犯罪統計書」に半年分のデータしか見つけられなかったので外している。
13歳以下の触法少年を含まない。たとえば昭和27年は2人、昭和28年は6人の触法少年が嬰児殺を犯している。
まったく関係ない者による犯行も含まれるが、大多数は父母かその愛人、または祖父母の手によるもの。特に母親が9割前後を占める。





嬰児殺(赤ちゃん殺し)検挙者統計
  総数女(内数)少年(内数)女(内数)
1940昭和15年186151
1941昭和16年181137
1942昭和17年206159
1943昭和18年229186
1944昭和19年182138
1945昭和20年141110
1946昭和21年202147
1947昭和22年260194
1948昭和23年※161※124
1949昭和24年※147※120
1950昭和25年3212553735
1951昭和26年2632223533
1952昭和27年2261832525
1953昭和28年2321914140
1954昭和29年1821483130
1955昭和30年1771531614
1956昭和31年1421211514
1957昭和32年1361171817
1958昭和33年1171011212
1959昭和34年1501302222
1960昭和35年1581371818
1961昭和36年1381212929
1962昭和37年1431262625
1963昭和38年1551362221
1964昭和39年1481363028
1965昭和40年1791643130
1966昭和41年173 35 
1967昭和42年149 25 
1968昭和43年186 30 
1969昭和44年168 34 
1970昭和45年190 30 
1971昭和46年150 22 
1972昭和47年1481411918
1973昭和48年1451341716
1974昭和49年1531402221
1975昭和50年1561391414
1976昭和51年1521331111
1977昭和52年1511391919
1978昭和53年1371251414
1979昭和54年1201111111
1980昭和55年12211555
1981昭和56年11110287
1982昭和57年1181091313
1983昭和58年1061001110
1984昭和59年978898
1985昭和60年109991414
1986昭和61年78751010
1987昭和62年878288
1988昭和63年706677
1989平成1年565133
1990平成2年696655
1991平成3年474555
1992平成4年494866
1993平成5年575233
1994平成6年343233
1995平成7年383433
1996平成8年393343
1997平成9年383555
1998平成10年322866
1999平成11年191933
2000平成12年292542
2001平成13年353143
2002平成14年212044
2003平成15年181222
2004平成16年212033
2005平成17年191855


警察庁「犯罪統計書」による。嬰児殺とは1歳未満の赤ちゃんを殺害すること。
14歳未満の触法少年を含まない。
1945~1972.5.14の沖縄の数値を含まない。
※昭和23年と昭和24年は「犯罪統計書」に半年分のデータしか見つけられなかった。
「犯罪統計書」では昭和41~46年の女数が見つけられなかった。
掲載資料をお判りの方はご教示をよろしく。
嬰児殺の9割が母親の犯行であることは女数の多さで判る。


このページのトップへ ▲   
コメント:

子供の虐待・自殺を検索してたら、こちらに来ました。

過去の事件とは言え、読んでいて胸が痛くなりました(T_T)

Posted by: 山本 理恵子 at 2010年07月09日 03:27

赤ちゃんだけはなく、昔はいまの何倍も子供が殺されていました。数だけではなく、昔は想像を絶する残虐な事件が多発していました。事件データをご覧ください。
ほんとにいまは平和なよい時代になりました。
デタラメな情報を流して不安を煽ってる人は、それによって不正に金儲けをしようとしているのです。
正しい情報を少しでも広めていただければ幸いです。

Posted by: kangaeru2001 at 2006年11月20日 07:42

早速のレス有難うございました。
そこまでは辿り着きましたがその中味を独自にテータ化されていたのですね、有難うございました。
昨今親の子殺しが多く胸を痛めておりました。
しかしデータにあるように嬰児殺人は戦後をピークに確実に減ってきてるのですね。出生率の低下を加味しても現実には減少してます。
私達は軽々に「世の中悪い方へ向かっている」と発言するのはやはり間違いなのでしょうか?

それも大人特有の「昔はよかった病症候群」なのでしょうか(笑。

Posted by: G at 2006年11月19日 10:02

Gさん、どうも。
嬰児殺(赤ちゃん殺し)検挙者統計は上に記しているように警察庁「犯罪統計書」を元にしています。昭和22年から毎年発行されている「犯罪統計書」60冊をすべて見て数値を取り出して独自に作成したものです。昭和21年以前のデータは昭和22年度版にまとめて掲載されています。
警察庁「犯罪統計書」は国会図書館などの大きい図書館か、警察庁情報公開室で閲覧できます。
平成12年以降は警察庁サイトにアップされています。
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
「平成○○年の犯罪」という名前になっています。
なお、2005年のデータを追加しました。

Posted by: kangaeru2001 at 2006年11月19日 03:28

Googleで検索して辿り着きました、昨今問題視されてる事件のことなので大変興味深く拝見しました。

【http://kodomo.s58.xrea.com/gbaby.htm】
↑このデータの出所(URL)を教えて下さいませんか。

 宜しくお願い致します。

Posted by: G at 2006年11月18日 17:00
コメント投稿









情報を記憶する






子どもの犯罪被害データーベース
子どもの犯罪被害データーベース

赤ちゃん殺し統計グラフ

赤ちゃん殺し統計グラフ

警察庁「犯罪統計書」による。嬰児殺とは1歳未満の赤ちゃんを殺害すること。
1945~1972.5.14の沖縄の数値を含まない。
昭和23年と昭和24年は「犯罪統計書」に半年分のデータしか見つけられなかったので外している。
13歳以下の触法少年を含まない。たとえば昭和27年は2人、昭和28年は6人の触法少年が嬰児殺を犯している。
まったく関係ない者による犯行も含まれるが、大多数は父母かその愛人、または祖父母の手によるもの。特に母親が9割前後を占める。





嬰児殺(赤ちゃん殺し)検挙者統計
  総数女(内数)少年(内数)女(内数)
1940昭和15年186151
1941昭和16年181137
1942昭和17年206159
1943昭和18年229186
1944昭和19年182138
1945昭和20年141110
1946昭和21年202147
1947昭和22年260194
1948昭和23年※161※124
1949昭和24年※147※120
1950昭和25年3212553735
1951昭和26年2632223533
1952昭和27年2261832525
1953昭和28年2321914140
1954昭和29年1821483130
1955昭和30年1771531614
1956昭和31年1421211514
1957昭和32年1361171817
1958昭和33年1171011212
1959昭和34年1501302222
1960昭和35年1581371818
1961昭和36年1381212929
1962昭和37年1431262625
1963昭和38年1551362221
1964昭和39年1481363028
1965昭和40年1791643130
1966昭和41年173 35 
1967昭和42年149 25 
1968昭和43年186 30 
1969昭和44年168 34 
1970昭和45年190 30 
1971昭和46年150 22 
1972昭和47年1481411918
1973昭和48年1451341716
1974昭和49年1531402221
1975昭和50年1561391414
1976昭和51年1521331111
1977昭和52年1511391919
1978昭和53年1371251414
1979昭和54年1201111111
1980昭和55年12211555
1981昭和56年11110287
1982昭和57年1181091313
1983昭和58年1061001110
1984昭和59年978898
1985昭和60年109991414
1986昭和61年78751010
1987昭和62年878288
1988昭和63年706677
1989平成1年565133
1990平成2年696655
1991平成3年474555
1992平成4年494866
1993平成5年575233
1994平成6年343233
1995平成7年383433
1996平成8年393343
1997平成9年383555
1998平成10年322866
1999平成11年191933
2000平成12年292542
2001平成13年353143
2002平成14年212044
2003平成15年181222
2004平成16年212033
2005平成17年191855


警察庁「犯罪統計書」による。嬰児殺とは1歳未満の赤ちゃんを殺害すること。
14歳未満の触法少年を含まない。
1945~1972.5.14の沖縄の数値を含まない。
※昭和23年と昭和24年は「犯罪統計書」に半年分のデータしか見つけられなかった。
「犯罪統計書」では昭和41~46年の女数が見つけられなかった。
掲載資料をお判りの方はご教示をよろしく。
嬰児殺の9割が母親の犯行であることは女数の多さで判る。


このページのトップへ ▲   


     


コメント:

子供の虐待・自殺を検索してたら、こちらに来ました。

過去の事件とは言え、読んでいて胸が痛くなりました(T_T)

Posted by: 山本 理恵子 at 2010年07月09日 03:27

赤ちゃんだけはなく、昔はいまの何倍も子供が殺されていました。数だけではなく、昔は想像を絶する残虐な事件が多発していました。事件データをご覧ください。
ほんとにいまは平和なよい時代になりました。
デタラメな情報を流して不安を煽ってる人は、それによって不正に金儲けをしようとしているのです。
正しい情報を少しでも広めていただければ幸いです。

Posted by: kangaeru2001 at 2006年11月20日 07:42

早速のレス有難うございました。
そこまでは辿り着きましたがその中味を独自にテータ化されていたのですね、有難うございました。
昨今親の子殺しが多く胸を痛めておりました。
しかしデータにあるように嬰児殺人は戦後をピークに確実に減ってきてるのですね。出生率の低下を加味しても現実には減少してます。
私達は軽々に「世の中悪い方へ向かっている」と発言するのはやはり間違いなのでしょうか?

それも大人特有の「昔はよかった病症候群」なのでしょうか(笑。

Posted by: G at 2006年11月19日 10:02

Gさん、どうも。
嬰児殺(赤ちゃん殺し)検挙者統計は上に記しているように警察庁「犯罪統計書」を元にしています。昭和22年から毎年発行されている「犯罪統計書」60冊をすべて見て数値を取り出して独自に作成したものです。昭和21年以前のデータは昭和22年度版にまとめて掲載されています。
警察庁「犯罪統計書」は国会図書館などの大きい図書館か、警察庁情報公開室で閲覧できます。
平成12年以降は警察庁サイトにアップされています。
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm
「平成○○年の犯罪」という名前になっています。
なお、2005年のデータを追加しました。

Posted by: kangaeru2001 at 2006年11月19日 03:28

Googleで検索して辿り着きました、昨今問題視されてる事件のことなので大変興味深く拝見しました。

【http://kodomo.s58.xrea.com/gbaby.htm】
↑このデータの出所(URL)を教えて下さいませんか。

 宜しくお願い致します。

Posted by: G at 2006年11月18日 17:00
コメント投稿









情報を記憶する